通話中に驚く女性

処方箋と通販購入の違い

タブレットを持っている男性医師

ジェイゾロフトを処方箋で買う方法と、通販購入ではどう違うのか紹介します。それぞれの特徴を比較して違いを知り、自分自身に合う方法で購入することがおすすめです。または、状況に応じて買い方を使い分けることもいいでしょう。

病院やクリニックで抗うつ剤としてジェイゾロフトを処方してもらうには、検査や診察を受ける必要があります。手間や時間はかかりますが、その結果をもとに医師によって適していると判断された治療薬が処方されるのです。
一度診察を受ければ、その時に処方薬として購入できるため当日から服用を始めることができます。素早い治療の開始が治りを早くしてくれるでしょう。そのときに、自身の症状や薬について医師へ説明を求めることも可能で、自身でも理解して安全に治療に取り組めるというメリットがあります。

手軽に利用することができる通販は、処方薬とは違い全てが自己責任となります。海外の医薬品のなかには、日本で認可されていないものも多いため、そのことを了承したうえでなければ通販サイトは利用できません。
また個人輸入代行業者が通販サイトを運営しており、海外への注文の手間を減らしているだけの代行業者のため、購入した医薬品で問題が起きても責任を問うこともできません。購入した本人は、さまざまなリスクを承知の上で利用する必要があるのです。

しかし使ったことがある薬や、そのジェネリック品などであれば比較的安全に利用することができます。そして通院の度に仕事や都合を調整する手間や診察・交通費などの費用も抑えることができるのです。
ただ、海外から発送することによって2週間程度は前もって注文する必要があるので、緊急を要する場合は病院やクリニックから処方してもらう方がいいでしょう。

病院のように診察の予約をとる必要がないため、自身のタイミングで注文ができる通販は、忙しさを理由に治療を中断してしまうリスクも低いといえます。薬の服用を続けることで治療効果があらわれやすかったり、予防にもつながりやすくなるのです。